【レビュー】World of Warships

タイトル

船を操り戦場に身を投じよう!
3Dで再現された戦う軍艦がかっこいい

概要

『World of Warships』(通称WoWs)は、2つのチームに分かれて戦うオンライン海戦ゲームだ。
駆逐、巡洋艦、戦艦、空母の4つの艦種から自分の船を選んで、チームを勝利へと導くため戦うこととなる。

もちろん、敵の撃破や総ダメージ量を稼ぐことを目標にするのもいいだろう。
ただし、勝利チームは経験値とゲーム内マネーが多くもらえるため、勝利に貢献するほうがお得だと思う。

経験値を貯めることによって船のアップグレードをし、ツリーの研究を進め、新しい船を入手することができる。
アップグレードや船の購入にはゲーム内マネーが必要で、Tier(ランクのようなもの)が上がれば上がるほど大量に要求される点に注意が必要だ。
自身の目標とする船がある場合、計画的にためていく必要があるだろう。
もっとも、無駄遣いしなければ自然と溜まっていくので、それほど心配はない。

ツリー

日本ツリーの様子

また、プレイヤーのレベルが7になると艦長がアンロックされる。
艦長にも経験値が設定されており、一定量に達するごとにスキルポイントがもらえ、何かしらのスキルを取得することが出来る。
船の能力を向上させたり、特殊な能力を取得できたりするので、自分好みの艦長を育てよう。

ずいほう

良い点

色々な国の艦船を使うことが出来る

日本、アメリカ、ドイツ、ソ連、イギリス、フランスなど様々な国の船から好きなものを選ぶことができる(4つの艦種すべてが揃っていない国もある)。
国によって性能が違うので色々な戦い方を楽しめる。
好きな国を選んでもいいし、使い勝手で選んでもいいだろう。

キャンペーンが多い

頻繁にキャンペーンを開催しており、課金艦や特別な艦長などを報酬として得られることがある。
一定の量の経験値を取得していくなど、キャンペーンの達成にはそれなりの手間がかかるが、期限は比較的長めに設定されることが多いので、余裕をもって取り組めば誰でも入手できるだろう。

他には、ハロウィンやエイプリルフールなど季節にちなんだイベントも開催される。そちらでは、イベント限定の船やマップをつかって普段とは趣のちがう戦闘が楽しめるので、なかなか新鮮だ。

船を動かすのが面白い

船を動かすだけあって急停止急発進はもちろん、急に曲がったりもできない。
数歩先を読んで船を操縦することが求められるが、それがなかなか面白い。
私は下手なので、よく座礁したり味方にぶつかったりしてしまうが、多少ぶつかったくらいでは大きな支障がないのがゲームのいいところだ。

3Dモデルが良く出来ている

素人目には、艦船が細かいところまで再現されているように思う。
待機画面ではズームしてゆっくりと細部を眺めることも可能で、よくできた模型を観察しているような気分になる。

戦闘画面でも詳細な3Dを維持したまま戦うことができ、ズーム機能をつかって相手の艦船を眺めたときにもそのリアルな様子を確認することができるだろう。
戦闘によってダメージを追うごとに、損傷が反映されるのも面白い。船体に穴が開き、炎がくすぶっている様子がみてとれるようになる。

戦闘

敵の駆逐艦に砲撃中

気になる点

スロットがすぐいっぱいになる

数多くの艦船があるため、コレクションしたくなるかもしれない。
だがすべての船を所持していようと思うと、スロットが足りなくなる。
もちろん課金すれば港スロットを購入できるし、時々キャンペーンでもらえることもある。

とはいえ、端からすべて集めるには相当な数のスロットが必要になるだろう。
現実的には、低tierの船を売って枠をあけて、高tierの船に乗り換えていくことになるのではないだろうか。

もしプレミアム艦艇を購入した場合には、スロットがおまけでついてくるので枠の心配をする必要はない。

まとめ

基本プレイ無料のため気になる方は一度やってみてもいいかもしれない。
ミリオタや海軍ファンでなくても、十分たのしめる内容だ。

1プレイ20分ほど(沈められてしまったら途中退席可能)なので、時間にそれほどしばられず気軽にプレイ可能なのも魅力だろう。

スポンサーリンク
ぬーぶげーまー日和twitterアカウント

ぬーぶげーまー日和はtwitterで更新のお知らせをしています!
@noob_gmgm

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

ブログランキング参加中!
にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ
にほんブログ村