【無料配布】『World in Conflict』が期間限定で無料!(2017年12月19日修正)

World in Conflict-free

※日本語化に関しての記載を修正しました。

日本時間2017年12月23日午後7時まで再配布中!

UBISOFTが豪華3タイトルを無料配布中『Assassin's Creed IV Black Flag』『Watch Dogs』『World in Conflict』 配布期間は日本時間2017年12月23日午後7時まで。日本語で遊べるのでおススメです。

無料配布期間は日本時間2017年12月11日19時まで

大手ゲーム制作・販売会社であるUbisoftは、PC版『World in Conflict(ワールド イン コンフリクト)』の無料プレゼントを発表。
特設ページ(日本語)、もしくはUplay上からゲームを入手可能となっている。

ゲームを貰うには、Ubisoftアカウントが必要な点に注意。
また、プレイするにはUplay(Steamのようなクライアント)が必須となっている。

冷戦期もの名作リアルタイムストラテジー

World in Conflict』は2007年リリースの、冷戦期に米国とソ連の全面戦争が起きたらというIFを描いたリアルタイムストラテジー。

高い操作性と戦略性に定評があるようだ。
発売当時は綺麗なグラフィックが話題になったようだが、今日では普通か物足りないといったところだろうか。

マルチプレイもあるようだが、無料配布されていることだし今なら賑わっている可能性もある。

日本語で遊べそう

今回、配布されているものには日本語が含まれない。

かつて有志が日本語化パッチを配布してくれていたようだが、World in Conflict wikiの日本語化ページにある日本語パッチのリンクは死んでしまっている

今回の無料配布を機に誰かが再アップロードしてくれる可能性もなくはないとは思うが、あまり期待しない方がいいだろう。

World in Conflict wikiの日本語化ページにあるSteam版向け日本語化パッチを使うと日本語化できるという情報を発見

wikiの日本語化ページや、日本語化パッチ同梱の説明書きをよく読んで、World in Conflictをインストールしたフォルダ内で作業すれば日本語化できそう。
私は試してないので確かなことは言えませんが。

以下、日本語化ページの記述より引用

uPlay期間限定配布されたので補足。ファイル構造などsteamと同じようですのでプロパティ、ローカルファイルを開くにてソビエト対応版パッチをあてたら問題なく遊べました。フォルダのリネームは必要ありませんが遊びたいキャンペーンによってassault.datをリネームするか残すかが決まります — (名無しさん) 2017-12-12 22:23:38

STEAM版locファイル (10/01/07追記)
日本語化パッチをSteam版に対応させたい方、ソビエト版も翻訳してみたい方がいるかもしれないので
STEAM版のWorld in Conflict Complete Edition(011)から取り出したlocファイルをアップしておきます。
loc_steam_v1011.zip

上記ファイルで暫定的に修正した日本語化パッチ

購入したばかりでミッション2までしか進んでないため全くテストできてません
試される方は、何が起きても自己責任でお願いします
JPMODfix_steam1011_20100107.zip

(追記修正:2017年12月19日)

【日本語版】

スポンサーリンク
ぬーぶげーまー日和twitterアカウント

ぬーぶげーまー日和はtwitterで更新のお知らせをしています!
@noob_gmgm

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

ブログランキング参加中!
にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ
にほんブログ村