【レビュー】PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS

pubgタイトル

ゲーマー達はドン勝の夢をみるか?

シューティング下手でも楽しめる!
最大100人対戦のマルチプレイのバトルロワイアル

ドン勝ってなんだ?

「ドン勝」という謎の単語を聞いたことはないだろうか?

このところゲーマー界隈で話題のゲーム『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)が語源である。

『PUBG』はマルチプレイのTPS/FPSサバイバルゲームだ。
最大100人のプレイヤーがひとつのMAP(孤島)に放り込まれて、落ちているアイテムを拾ってドンパチくり広げる。

ルールはいたってシンプルだ、最後まで立っていた1人が勝者になる。
(2~4人プレイも可能。フレンドだけでなく自動マッチングで組むこともできる)

勝者となった者の画面に表示されるメッセージこそ、
勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!!

ドン勝だ!

私は一度もドン勝を食べていない。くやしい。

英語版だと「WINNER WINNER CHICKEN DINNER!」となっているようだ。
カジノのブラックジャックで勝った時に使う言葉らしい。

「CHICKEN DINNER」が翻訳の妙で「ドン勝」に。
ふーむ、よくわからない。
けれども「ドン勝」という単語の語感の良さからか、もの珍しさからか、PUBGといえば「ドン勝」ということですっかりお馴染みである。

プレイすることを「ドン勝を食べに行く」、勝利したことを指して「ドン勝を食べた」と表現するのを目にすることもある。

みな、すっかりドン勝に夢中である。

物を拾うたのしさ

squad

『PUBG』の楽しさは、なんといっても身体ひとつでスタートすることだろう。
MAPのどの地点に降下するかはある程度決められるが、降下した場所に欲しいアイテムが落ちているとは限らないのが面白いところ。

高確率で銃や車がポップする地点(街や倉庫など)にはプレイヤーが集中し、再序盤から殴り合いがはじまることすらある。

開始直後に多数のライバルと出会ってしまった場合は、銃を手に入れたもの勝ちになることが多い。
自分は手ぶらなのに、ショットガンを持った隣人が乗り込んでくるといったどうにもならないシチュエーションが発生したりもする。
そんな時はあきらめてしまおう。次があるさ。

落ちているアイテムは包帯などの回復アイテム、銃や弾薬、服やヘルメットなどの装備など様々だ。
欲しいアイテムが必ず落ちているとは限らない、このままならなさもまたPUBGの魅力のひとつだろう。

所持可能重量は意外と少なめなため、はやめにバックパックを拾いたいところだ。

乗り物でCOOLに移動しよう

pubgバイク

『PUBG』には実際に使用できる乗り物がいくつか登場する。
乗用車、バイク、バギー、ジープ
水上ではボートにも乗れる。

『PUBG』では時間経過とともに競技エリアが制限されていくため、移動が重要になる場面も多い。
道路沿いやガレージの中などに車両が置かれていたら有効に活用しよう。

また、走行中に他のプレイヤーに体当たりすることで轢くこともできる。
一発KOなので遭遇したら狙っていきたいところだ。

 購入にあたっての注意点

『PUBG』はSteamから購入できる。また、Humble Storeでも販売されている。
価格は2017年5月24日現在で3,300円(Humble Storeでは29,99$)だ。
某フリマサイトでの出品をいくつかみかけたが、何故か公式価格よりも高く販売されているため要注意。

クレジットカードを所持していなくても、Steamの場合はコンビニ払いやWebmoneyでの支払いも可能なので、購入を検討中の方は参考にして欲しい。

このゲームはアーリーアクセスだ。
要するにまだ未完成ということである。
バグや不具合が残っているかもしれないし、ゲーム内容の変更や追加などがあるかもしれない。販売価格が変更されることもあるだろう。
『PUBG』の場合、ロビーで固まったり、マッチング後の待機画面で落ちたりといった不具合が起きることもある(それ以外にゲームに支障のある不具合は今のところ遭遇していない)。
それらを承知したうえで購入しよう。

スポンサーリンク
ぬーぶげーまー日和twitterアカウント

ぬーぶげーまー日和はtwitterで更新のお知らせをしています!
@noob_gmgm

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

ブログランキング参加中!
にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ
にほんブログ村