【パブリックベータ】グウェント ウィッチャーカードゲーム

グウェントタイトル

ウィッチャーファン必見!
ウィッチャー3 ワイルドハントで好評だったミニゲームがスタンドアロン版で登場。
現在、PlayStation 4・Xbox One・PCにてパブリックベータ中!

概要

『グウェント ウィッチャーカードゲーム』はアイテム課金型基本無料の2人対戦カードゲームだ。
スタンドアロンとして開発されたものなので、ウィッチャー3を持っていなくても動作する。

グウェントは最大3ラウンド制。
心理的な駆け引きやデッキの組み方で多彩な戦いを楽しむことができるカードゲームだ。
場の流れを変える強力な戦術カードを使うことで、窮地から逆転することも可能。
カードには、「モンスター」、「ニルフガード」、「北方諸国」、「スコイア=テル」、「スケリッジ」の5つの勢力があり、それぞれに特徴がある。自分の得意な勢力をみつけるのも面白いかもしれない。

個々のカードに書かれている絵はアニメーションするものもあるので見ていて楽しい。これはコレクション欲をくすぐられる。

ウィッチャーシリーズを未プレイでも、カードゲームが好きなら楽しめるのではないだろうか。

プレイは簡単

ルールは簡単だし、操作も直感的におこなえる。
しばらくグウェントをプレイしてなくて忘れた方や、グウェン初体験の方でもチュートリアルがあるので大丈夫だろう。
とはいえ、チュートリアルの内容が基礎の基礎までしか教えてくれないため、細かい戦い方などは実戦で覚えていくしかないようだ。

他のプレイヤーといきなり対戦するのが心配なら、コンピュータと戦えるモードや報酬の貰えるシングルキャンペーンもあるので、そちらで慣れていくのがいいだろう。
というかいきなり対人対戦したらぼこぼこにされてしまった。くやしい。

ゲーム開始当初は、手元に必要最低限のカードしかないため、自分好みのデッキをくむためには新しいカードを集めていく必要がある。
新しいカードは、カード樽から得るか、いらないカードをリサイクルして資材を貯めて生成することによって入手可能。カード樽1つからは一度に5枚得ることができる。

ゲーム内資材を貯めるのがめんどうだ!という方は課金することでカード樽を購入することもできるようだ。
値段は2個$2.99~。

ただ、購入したカードが正式リリース時にどうなるかについてはよく分からない。
クローズドベータからパブリックベータへの移行時にはカードが初期化されたかわりに、ちゃんと補填があったようだ。

日本語対応!

なんと全編日本語対応済み!
UI、カードの説明などはもちろん。カードをアクションした時のボイスさえも日本語になっている。

そのうえ、ウィッチャー3 ワイルドハントと同じ声優がボイスを当てている。
チュートリアルでは、ゲラルトとシリの軽快な掛け合いがおこなわれていた。
なんだかそれだけで満足できた。

遊ぶには

PC版はGOG.COMを通じてダウンロードでき、Xbox One・PlayStation 4はPlayStationストア、Xboxストアにて配信中だ。
基本無料なので試しに遊んでみるのもいいだろう。

PC版日本語公式サイトはこちらから。

グウェント対戦画面

実際の対戦画面

スポンサーリンク
ぬーぶげーまー日和twitterアカウント

ぬーぶげーまー日和はtwitterで更新のお知らせをしています!
@noob_gmgm

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

ブログランキング参加中!
にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ
にほんブログ村