【日本語化】Crusader Kings Complete

今回日本語化するのはSteam版『Crusader Kings Complete』(クルセイダーキングス コンプリート)。
環境は64bit Windows10。

おそらくGOG版でも同じ手順で日本語化可能だと思うが、試してないのでわからない。ご了承いただきたい。

日本語化手順は『Crusader Kings Wiki』と『かえるさんが遊んだ』さんを参考にした。

MOD(TASS,BOPACK)の導入と日本語化についてはこちら(2017/09/04追記)

Crusader Kings日本語化手順

ゲームをインストールしたフォルダの探し方が分からない場合は以下の記事を参考に

ゲームがインストールされているフォルダ(インストールフォルダ、インストールディレクトリ)の場所を簡単に見つける方法。Steam、GOG Galaxy、Uplay、Origin。Windows10向け。

(追記:2017/10/07)

日本語化手順

日本語化の前に、まずはSteamでゲームのダウンロードを完了させておいてほしい。

、TObjectにて「paradox JP-Patcher Ver.0.02 EU2,HoI,Vic,CK用」と「日本語表示用DLL 2010/02/28版 コイン画像対応」をDL、それぞれ解凍する。


paradox JP-Patcher.ini
を入手し解凍する。

、解凍したparadox JP-Patcher.iniを2で解凍した「paradox JP-Patcher Ver.0.02 EU2,HoI,Vic,CK用」内のparadox JP-Patcher.iniに上書きする。

、JP-Patcher.exeを起動して、ウィンドウ内をダブルクリックして詳細画面に切り替える。

5、JP-Patcherが開いたら、左上にCrusaders.exeのパスを指定。

(通常は「C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\crusader kings\Crusaders.exe」になっているはず。
私はDドライブに保存しているのでD:になっている。GOG版もここでCrusaders.exeのパスを指定してあげればいけるのではないだろうか)

Analyze → ScanAll → Patch → Saveと順番にボタンを押していく。

7、出力ファイル名を聞かれたら「CrusadersJP.exe」などの適当な名前で保存する。
(_INMM.dllを作るか聞かれるが一応作っておく)

「正常に日本語化できました。」というメッセージボックスがでたら成功。

8、和訳ファイルを入手して解凍する。

解凍してできた中身を、crusader kingsフォルダに上書きする。
(日本語化に失敗した場合にそなえてcrusader kingsフォルダのバックアップを作っておいた方がいいだろう)

、1で解凍した「日本語表示用DLL 2010/02/28版 コイン画像対応」内の_INMM.dllをcrusader kingsフォルダに上書きする。

10、拡張パック部分を日本語化するために『ゲームブログっぽい何か』さんから「TASS+BOPACK和訳ファイル」をダウンロード、解凍する。

11、とくにはMODを導入していないはずなので、configフォルダのみをcrusader kingsフォルダへ上書きでOK。

12、CrusadersJP.exeから起動して、日本語化が成功しているか確かめる。

成功していたら、CrusadersJP.exeをCrusaders.exeにリネームしてしまってもいい。
元のCrusaders.exeはもう使用しないので消して大丈夫だ。

赤枠内が日本語化されているのが確認できる

お疲れさまでした。

おまけ
解像度を指定しよう

デフォルトでは解像度が低く設定されているため、間延びしたような画面になってしまう。
なんかやだなーという方は解像度の指定を試してみよう。

  1. crusader kingsフォルダを開くとsettings.txtというファイルがあるので(無かったら作ろう)、中身を開いて書いてある数字をお好きな解像度に変更すればいい。
  2. 変更がすんだら上書き保存して終了するだけだ。
  3. 1920×1080に変更した様子