【Crusader Kings AAR】「アイルランドの窓辺から」第5回

第五回あいきゃっち

Crusader Kingsについては以下の記事で

Deus vult!――「神それを欲したもう!」 中世シミュレーションの金字塔! 十字軍の機運高まる中世ヨーロッパで、一族の...

「アイルランドの窓辺から」第5回

アイルランド王に俺はなる?

めでたく第5回を迎えた「アイルランドの窓辺から」だが、ここら辺でもう一度当初の目標を見直してみよう。

プレイヤー国は、アイルランド東部を領するレンスター公爵家。
いち公爵から成りあがってアイルランド王位に就くのが目標だ(第1回参照

クルセイダーキングスにおいて、王位などの称号を創設する(誰かから奪い取るのではなく自ら名乗る)には特定の条件が必要だ。

まず、指定された土地のうちの何割かを所有していること。次に、称号に応じたゴールドの支払いだ。

王位の条件

アイルランド王位の創設に必要なのは、アイルランド地方に属する14個の土地のうち66パーセントを所有することとなっている。

14×0.66=9.24なので、10個以上の所有でアイルランド王位を創設できるはずである1)もしかしたら計算の仕方が違うかもしれない。自信はない

くわえて、250ゴールドの支払いができれば大丈夫なようだ。王位の創設だけあって支払うゴールドもなかなかの額である。

ここで、当家が現在アイルランド地方に所有する土地の数を確認しよう。
「Sligo、Mayo、Osraige、Laigin、Isle of Man」の当主直轄地5つと「Mide、Dublin」の封臣の領土2つ。
合わせて7つである。

5回開始時の領土

7つの領土

あと3か所の土地を切り取れば、晴れてアイルランド王となることができるようだ。

この企画にも終わりがみえてきたような気がする。

Galway伯爵を指先で倒す

galway伯爵

1109年08月14日、Galway伯爵に宣戦布告する。敵軍536名に対して我が軍3700を派遣。
絶対負けないはずなので安心して見守る。

勝負はあっけなく決まり、1109年11月03日には、Galway伯爵を降伏させてGalwayを我がものとした。

galway降伏

Galway併呑

アイルランド一の大国となった我が国と、小さな伯爵家ではもはや勝負にはならないのだ。
従属するように勧告をだしたときに従っていればこうはならなかったのに…。

「あまり褒められない国」レンスター公爵家

Alfgar
「新たな領地を手に入れて、我が領地の経営は順調だな。だが、当家への信用はどうだ!最近では商人どもですら当家の陰口をたたく始末だとか……。家来の忠誠心など言うまでもなかろう。」

クルセイダーキングスには、「評判」という値がある。これは、ゲーム内における国際社会でのプレイヤー国の信用度を表すものである。

評判が低いと封臣の忠誠心が低下しやすくなったり、他国に宣戦布告されやすくなったりするデメリットがある。

評判は、他国や封臣の称号を奪ったり、他者の暗殺を試みたてバレたりしたときに下がってしまう。
これを回復するには、他者に称号を与えたりするか、時間経過によって徐々に回復するのを待つしかない。

減りやすさに比べて圧倒的に増え難いので、注意していないとアッと言う間に国際社会の鼻つまみ者になってしまう。

評判

ここまで戦争につぐ戦争、称号を奪いに奪った当家の「評判」は下降線をたどっている。
あまり褒められない国」というちょい悪ポジションにいるので、しばらくは大人しくしておきたいところだ。

アイルランド南部争奪戦!

ここでアイルランド南部に動きが。

南部はMunster公爵家が有しており、2つの封臣がそれに従っている。
ゲーム内1年ほど前からどこかと戦争しているなぁと思っていたのだが、よく見たらEngland王国と戦っているではないか!

南部とイングランド王国

Munster公爵とEngland王国の戦争

大変だ!

England王国がアイルランド南部に領土でも持った日には、手を出せなくなってしまうではないか!
いや、別に手をだしてもいいのだが、勝てる気がまったくしない。(「アイルランドの窓辺から」第2回を参照

やばい、もう行くしかない。
突っこめ!アイルランドは私のものだ!!

宣戦布告1

というわけで、ただちにTuadmumu司教領に宣戦布告する。

すると自分の封臣に宣戦布告されて怒ったMunster公爵は、当家に対して宣戦布告。

ろくでなしのmunster公

しばらくは避けていようと思っていた戦争に、再び突入することに。

南部は燃える

南部への行軍

約5000名の兵でTuadmumu司教領になだれ込む我が軍。

Tuadmumu司教領は大軍の前にすぐに落ちたので、従属させ封臣にすることにした。

なぜTuadmumuを直轄地にしなかったのかというと「評判」が下がるから。
それに、司教領は普通の封臣よりも扱いやすいので、従属させるだけで問題ないと判断したからである。

司教領制圧

降伏したTuadmumu司教

Tuadmumuを平定した我が軍は、休む間もなくMunster公爵家の首都Desmumuに兵を差し向ける。

Munster公爵家はEngland王国との戦争で疲弊しており、さしたる抵抗もなく首都が陥落

1113年04月13日、首都を占領されて成すすべが無くなったMunster公爵に対して、Desmumu伯爵位とMunster公爵位を譲らせることを条件に和平を結んだ。

munster降伏

完全敗北した相手から奪えるだけ奪うの図

ついでに、Munster公爵の封臣だったUrmumu伯爵が、いつの間にか当家に寝返っており2)UrmumuはMunster公爵位を名乗るために必要な土地として設定されているため、Munster公爵を持つものになびきやすいのだと思う。、アイルランド南部は完全に当家の支配下におかれることとなった。

南部平定さる

平定されたアイルランド南部

気がついたらEngland王国は手を引いているし、当家の独り勝ちである。

ただし評判は「あまり褒められない国」から「褒められない国」に格下げとなった。まぁ、仕方あるまい。

褒められない国

王冠はわが手に輝く

お知らせリボン

ゲーム画面右上のお知らせリボンを見てみよう。
なにやら王冠マークが表示されているのがわかる。

これは「称号の創設が可能です」というお知らせだ。

そう、とうとう我が家はアイルランド王位を創設できるようになったのだ!

王位創設1

いまやアイルランド11/14個の土地を有し、押しも押されもせぬ大領主の当家。金銭の蓄えも700ゴールドと十分だ。

今こそアイルランド王の名乗りをあげる時だ。

王位創設2

王にしましょう!そうしましょう!

アイルランド王の誕生

Alfgar王「Connacht公爵を飲みこみ、Munster公爵家を下し、北部の領主どもなど敵ではない。もはやアイルランドには我が家に対抗しうる勢力はなくなったのだ!強きものが世を統べるのが世の習い。そして強き者が土地を富ませるのだ。そう、アイルランドを繁栄へと導くのは私の役目ではないか?正統なる、王として。」

1113年04月13日、プレイヤー国であるレンスター公爵家は、アイルランド王家となる。

祝賀の宴は一週間続き、華やかな衣装に身を包んだ貴族の行列が王都につらなった。民は新たなる王の誕生を大いに喜び、下々にいたるまで王の偉業を讃えた。当主のAlfgar Ui Mordhaは、初代アイルランド王として歴史にその名を刻むこととなる。

とかならいいなぁ…。

紋章の変化

紋章がアイルランド王家のものに変化した。かっこいい

勝利目標を達成したので、今回のゲームはプレイヤーの勝ちである

まとめ

「アイルランドの窓辺から」第5回はこれにて終了。

当初の目的であったアイルランド王位の創設は達成してしまったわけだが、さてどうしよう。とりあえずアイルランドを統一するところまでは続けようかなとも思っているが検討中。
しかしながら、王という響きはあまりに甘美だ。王位を名乗るのは何度やっても嬉しいものである。

中世ヨーロッパで後継者に悩まされながら王様に成りあがれるのはクルセイダーキングスだけ!あなたもプレイしてみてはいかがだろうか。

Deus vult!――「神それを欲したもう!」 中世シミュレーションの金字塔! 十字軍の機運高まる中世ヨーロッパで、一族の...

今回の年表

1109/08/14 Galway伯爵に宣戦布告
1109/11/03 Galway伯爵が降伏。Galwayを当主の直轄地とする
1112/12/21 Tuadmumu司教領に宣戦布告する
同日     Munster公爵より宣戦布告される
1113/02/19 Tuadmumu司教領が降伏。封臣となる。
1113/04/13 Munster公爵が降伏する。Desmumu伯爵位とMunster公爵位を譲り受ける
同日      アイルランド王位を創設

第5回終了時の領土

勝利時の領土

「アイルランドの窓辺から」リンク

未定

第4回

プレイレポを通じて、クルセイダーキングスの魅力をお伝えしようという企画。アイルランド王位を狙うレンスター公爵の物語。第4話。たなぼたと戦で獲得していく領土。

References   [ + ]

1. もしかしたら計算の仕方が違うかもしれない。自信はない
2. UrmumuはMunster公爵位を名乗るために必要な土地として設定されているため、Munster公爵を持つものになびきやすいのだと思う。
スポンサーリンク
ぬーぶげーまー日和twitterアカウント

ぬーぶげーまー日和はtwitterで更新のお知らせをしています!
@noob_gmgm

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

ブログランキング参加中!
にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ
にほんブログ村