【開発版導入】Cataclysm:DDAのDLと導入方法(画面やフォント調整など)

cataclysm-dlあいきゃっち

※DLしたファイルのウィルスチェック等の安全管理をお忘れなく。

Cataclysm:DDA(カタクリズムダークデイズアヘッド)は、2015/3以降新しい安定版が公開されていないので、DLするのは開発版の最新verでいいと思う。

最新のものは、最初から日本語表示に対応していたりしてなかなか便利。MODも開発版に準拠して作られているものが多い。

※もしDLしたverが不安定だった場合は、それより古いverを落としてみて下さい。

共通の操作

Cataclysm:DDAは、基本的にマウスでは操作できないのでキーボードを使って操作する。

メニュー画面

矢印キー左右で項目移動」して、「エンターもしくは上キーで決定」する。もしくは「項目名に書かれているアルファベットを入力で選択できる」。

選択した項目を取り消したいときは「ESCキーで戻る

例:設定を選ぶために”t”を押す。

設定画面

TABキーでタブ移動」し、「矢印キー上下で項目選択」、「矢印キー左右で項目のTrue/False切り替え、数値の増減」、「エンターで数量の直接入力」ができる。

ひとつ前の画面に戻りたいときは「ESCキーで戻る」。

世界生成画面、キャラクタービルド画面

少しわかりにくいが、「>キーで次のタブ」「<キーで前のタブ」へ移動できる

Cataclysm:DDAのDL

Cataclysm:DDA公式ページの右欄の「Experimental Builds」内の「Windows Graphical」をクリックすると、「cataclysmdda-0.C-verの数字.zip」というファイルの一覧が表示されるので、最も新しいファイル(もしくは好みのもの)をクリックでDLする

cataclysm-dl説明1

cataclysm-dl説明2

出来上がった「cataclysmdda-0.C-verの数字」フォルダを覗いて、中にある「cataclysm-tiles.exe」を起動させる。

cataclysm-dl説明3

画面の大きさ調整

「設定」 → 「Oオプション」 → 「表示」タブ内の「画面サイズ/横幅」「画面サイズ/縦幅」で画面サイズを調整する。

「画面上部にウィンドウのX幅はXXXピクセルです。」と表示されるのでそれを見ながら調整する。

cataclysm-dl説明4

設定を保存して、再起動させると設定が反映される。

自分のモニター以上の大きさにしてしまい、画面がおかしくなって設定を変えられなくなった場合

…\cataclysmdda-0.C-verの数字\config\options.jsonを直接書き換えて直す。

もしくは、書き換えてないoptions.jsonを手に入れて上書きする。

日本語のフォントをTerminus-jaに変える。(お好みで)

デフォルトで設定されている「unifont」でもプレイに支障はないが、個人的には見づらいと思っているので「Terminus-ja」に変更をオススメする。

Terminus-jaのページから「Terminus-ja」をDL(ページ中ほどにDLリンクあり)して解凍したら、…\terminus-ja-courier-bitmap-ja-20100612\opfc-ModuleHP-1.1.1_withIPAFonts\fonts内の「Terminus-ja.ttf」を、…\cataclysmdda-0.C-verの数字\data\fontフォルダに入れる。

cataclysm-d説明5

クリックで拡大可

次に、…\config\fonts.jsonを開いて(メモ帳でも可)、

{
“fontblending”: false,
“fontwidth”: 8,
“fontheight”: 18,
“fontsize”: 16,
“typeface”: “Terminus-ja”,
“map_fontwidth”: 8,
“map_fontheight”: 18,
“map_fontsize”: 16,
“map_typeface”: “Terminus-ja”,
“overmap_fontwidth”: 8,
“overmap_fontheight”: 18,
“overmap_fontsize”: 16,
“overmap_typeface”: “Terminus-ja”
}

に書き換える。(typefaceを”Terminus-ja”に、fontheightを18に変更しただけ)

起動し直して、フォント変更が成功したか確かめる。

タイルとサウンドパックの導入

長くなるので別記事へ

Cataclysm:DDA(カタクリズムダークデイズアヘッド)の開発版へのMShock32ModdedXottoplus Tileset、サウンドパックの導入について。

設定を変更する

ややこしいので何かを参照しながらやるのが無難。
基本的にはデフォルトの設定で問題はない。

以下、wikiより引用

[全般]
自動保存は必ずTrueにしましょう。不意の終了でのデータの消失が防げます。間隔はお好みで。
[インターフェイス]
言語を日本語に。温度や速度、重量に時間表示も馴染みのものに変更した方が良いでしょう。
また大小文字識別(Y/N)はFalseにしておかないと非常に面倒くさいです。
[表示]
タイル板の場合、画面の横幅縦幅を広げておかなければ表示範囲が狭くゲームになりません。自分がやり易いサイズに変更しましょう。
[デバッグ]
開発版でデフォルトで技能劣化が無効になりました。
[世界生成設定]
NPCやアイテムの生成率、モンスターのアップグレード速度(特殊ゾンビ、上位ゾンビの割合が増える)等ゲームバランスに直結する数値を変更できます。
デフォルトだとアイテムは多く感じると思います。慣れてきたら減らしてみましょう。(0.25~0.4がオススメ)
放浪ゾンビを入れると多くのプレイヤーにとって理不尽な難易度になります。

※プレイ中に設定を変更したい場合、ヘルプ[?]→全オプション一覧[2]から変更できます。

設定項目の詳しい解説はwikiオプションのページで。

オススメ解説動画

少し古いverのものだが『『ゆっくり解説』開発版から始めるCataClysm:DDA 導入 設定編という解説動画が分かりやすかったのでオススメ。

3:32頃から設定の説明がはじまる。

スポンサーリンク
ぬーぶげーまー日和twitterアカウント

ぬーぶげーまー日和はtwitterで更新のお知らせをしています!
@noob_gmgm

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

ブログランキング参加中!
にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ
にほんブログ村