【周辺機器レビュー】低価格でつかえるゲーミングヘッドセット「BUTFULAKE SL-180」

市場での取り扱いについて(2017/09/12追記)

LED非搭載タイプ「SL-180」は、売り切れたのか何なのかよく分からないが市場からなくなっていた。代わりに違う商品が掲載されているようだ。

LED搭載タイプ「SL-100」も、光る以外の使い心地は変わらないと思うので、以下の記事が参考になれば嬉しい。

下の画像は、LED搭載タイプ「SL-100」。光るギミックがついている以外は、形も何ら変わらない様子。

概要

「BUTFULAKE SL-180」は、ゲーム用をうたって売り出されているヘッドセット。

変換用のアダプタが付属しているので、家庭用ゲーム機、携帯ゲーム機、モバイル、スマートフォン、パソコンなど幅広く対応。
手元のコントローラでボリューム調整とマイクのオンオフができる。
重さは約258g(重量は自宅で計測)

中国の深セン市にある会社がつくっている様子で、もちろんメイドインチャイナ。
取説の日本語が機械翻訳っぽいのはご愛嬌か。

あいまいな商品名

通販サイトでは商品名が統一されておらず、販売会社の名前や商品の特徴などが商品名にされており大変混乱する。
通販サイトに掲載されている参考写真をよく見ると、ヘッドセットの耳当てパーツの横の部分に型番名「SL-180」が印字されているのがわかる。

良かった点

安い

通販サイトにて2,200円ほどで購入。

ゲーミング用として売り出しているヘッドセットの中では価格が安めのようだ。
けれどもそれなりにしっかりと作られていて、こだわりの音質や使い心地を追及するのでなければ別段問題ないレベルの商品だと思う。

コスパは良いのではないだろうか。

無駄に光らない

LEDライトが搭載されておらず、光ったりするギミックはない(同じ会社の同じ形のもので光るタイプもあった)。
デザインも変にゴテゴテしておらず、シンプルなフォルムが特徴。

昨今のゲーミングヘッドホンの派手さについていけないので、こういうシンプルな商品があってよかった。

自由に動かせるマイク

マイクは柄の部分がふにゃふにゃ曲がる素材でできており、自在に角度を調整できるので便利。
使わない時はヘッドセットの側面に沿わせておけばいいので、邪魔にならない。

気になった点

長時間の使用で耳が痛くなる

耳当てのかげんか分からないが、長時間使用(2~3時間)していると耳と耳当てが接触している部分が痛くなってくる。耳当て自体はふかふかしており、別に硬いわけではない。
あまりに長時間使用しすぎということかもしれない。

少し重め

重量は約258g
ゲーミングヘッドセットとしては軽い方なのかもしれないが、それでも長時間使用(2~3時間)すると肩がこってくる感じがする。
以前使用していた軽めのヘッドセットの時には感じなかったことなので、重さが首に負担になっているのかもしれない。

これらの長時間使用でおこる問題は、適当に休息をとりながら使うなどすれば対策可能だと思っている。

マイク音量が小さめ

あまり音を拾わないタイプのマイクなのか、マイクの柄の長さがすこし短めで口元から離れるせいか、ボイスを聞いていた仲間から声が小さいと言われた。
なので以前使っていたヘッドセットよりも、ソフトウェア(スカイプ)の設定でマイク音量を大きくする必要があった。

設定を変えてからは、全く問題なく使えている

まとめ

安い割にはしっかりしているという印象だ。
以前使っていたものよりも、あきらかに音質が向上したので満足している。
もちろん上には上があって、より使い心地も良いのだろうが、ガチFPSゲーマーや音質にこだわりがある派ではない自分にはこれで十分。
よい買い物をしたと思う。

スポンサーリンク
ぬーぶげーまー日和twitterアカウント

ぬーぶげーまー日和はtwitterで更新のお知らせをしています!
@noob_gmgm

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

ブログランキング参加中!
にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ
にほんブログ村

『【周辺機器レビュー】低価格でつかえるゲーミングヘッドセット「BUTFULAKE SL-180」』へのコメント

  1. 名前:名無し 投稿日:2017/09/25(月) 12:50:20 ID:69e21698e 返信

    音量調節するところのネジちゃんとついてました?
    自分の1本しか付いてなくて…

    • 名前:管理人ひよまつ 投稿日:2017/09/25(月) 17:46:25 ID:f28df0c26 返信

      私の所有してるものもネジ一本ですね。
      パカパカしたりはしないので気にしてませんでした。
      中国製の安価な製品ですし、仕方ないのかもしれませんね。